唯一無二の存在~WISLOM~

 

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

ブランド古着の買取・販売 カインドオル

なんば店からヨシムラです。

 

 

本日ご紹介するブランドは・・・

WISLOM

 

 

2016年に誕生したWISLOM(ウィズロム)。

デザイナーは藤内裕司。

藤内裕司氏は様々なアパレルブランドでのキャリアを持っています。

最終経歴としてマーガレットハウエルにて企画デザインを担当し、特に素材にたいしての見識は広く深く感じます。

 

 

決まったパターン(型)をベースに、素材が複数存在するといった展開方法をとっており、いわゆるトレンドには流されないベーシックな型の中で、開発した素材を当てはめていきます。

そして素材自体は年々バージョンアップされていくと言った方法をとっています。

これは既存のアパレルブランドには全く見られない手法であり、これまでになかったブランドと言っても過言では無いかと思います。

 

 

世の中のブランドの多くは生地開発を行っていません。

生地メーカーが生地を作り、それを各アパレルブランドへ売り込むと行った方法で市場は回っています。

そのため、素材による差別化というのは起きにくいかと思います。

 

 

ウィズロムは、藤内氏を中心にこれまでのノウハウや工場とのネットワークを駆使し、

通常では実現できない独自の合繊の開発というものを作り上げています。

これは強い想いが無いと実現できない凄みを感じさせてくれます。

このブランドは、

唯一無二のブランド

と断言していいのではないでしょうか。

 

 

藤内氏は「何十年経ってもよいと思える洋服が昔は存在していたのに」と言います。

たしかに僕自身も最近は毎年新しい洋服を買っては満足し、以前に着ていた洋服には見向きもしない。

といった事が増えてきたように思います。

 

WISLOMは、

十年後に着ても用の美を感じる

価値観を持った服を作り続けるブランド

ではないかと思わせてくれるのではないでしょうか。

 

このWISLOMというブランドを知って、今回は洋服に携わるにあたって、色んな事を考えさせてくれる事が出来ました。

 

それでは今日はこのへんで。